フラット35には延長できる制度もある?

フラット35と返済期間延長について調べて見ました。
フラット35には、経済状況の変化に柔軟に対応してもらえる制度があります。
子どもの進学で支出が増える間は返済額を減額し、返済期間を延長することで、延滞せずに返済を続けていく事が出来ます。
しかし、返済期間が長くなると利息分の支払いも増えてしまいますから、子どもが自立して支出が減ったときには、フラット35への返済額を見直して返済期間を短縮するのがオススメです。
たとえば2,000万円の融資を35年ローン、金利3.
00%で使っていたとします。
4年経過後に返済期間を10年延長する事で月々に支払う額を減額した場合、そのまま45年かけて返済した場合と、6年減額したあとに当初予定の返済日に完済できるように短縮すると300万円以上の違いが出るのです。