エイジングケアのキーポイントとは?

ビーグレンのエイジングケアには、四つの成分がカギを握っています。
まずは、コラーゲン。
年齢とともに失われていく、肌の内部を構成するコラーゲンを補うこと。
エイジングケアでは基本とされるケアです。
さらに、ヒアルロン酸での保水力アップ。
乾燥してしまっている肌の内部に水分を保つ力を与えてくれるこの成分の補給も、コラーゲン補給とともにエイジングケアには欠かせません。
そして三つ目の成分、ビタミンCです。
一般的な化粧品には、壊れやすいビタミンC自体ではなく、ビタミンC誘導体という安定型の成分を使用しています。
しかし、ビーグレンではキューソームという独自の浸透技術により、ビタミンCを壊さずに肌の内部にまで届けることができます。
そして、四つ目の成分、ペプチド。
肌細胞を修復し、若々しい肌へと生まれ変われる成分です。
こうしたエイジングケアに効果的な成分を、きちんと浸透させ、効果が実感できるのです。
ビーグレンはニキビに効果あるの?【私はこんなに早く治った!】