支援物資や非常食を送る際の注意点は?

災害に遭った時に、避難所生活を余儀なくされることがあります。
大地震で家が倒壊したとか、津波で街が流されてしまったなどと、東日本大震災のような大地震の状態の場合は、その避難所生活が長期に渡る可能性もあります。
結構そう考える人は多いと思います。
しかし、ボランティア活動をしたくても現地に行けないと言う人も沢山います。
それでも少しでも何か役に立ちたくて義援金とか、支援物資を送る人も結構います。
その支援物資に関することになります。
この支援物資は、被災地にとってはとてもありがたいことですし、実際に有効的だと言えます。
こうすると無駄になってしまう可能性もあります。
(汗)やはり必要としている所に必要な物を送れるようにするのが一番良いと思います。
(笑顔)送った方も送り甲斐があるでしょう。
(笑顔) それに受け取った方もありがたいと思いますよね。
そうした情報についえは、被災地の役所、ボランティアセンター、災害対策本部などに確認すると教えてくれます。
このような事を確認してから送るようにすると良いですね。
(笑顔)そして、送る時に何を送ったか一目で分かる一覧表のようなものがあると良いですね。
(笑顔)また衣類を送る場合があります。
(汗) そうなってしまうと荷物になって邪魔になることもあるそうですよ。
衣類を送る時は、ルートがしっかりしている所から送るようにしましょうね。
(笑顔)
赤ちゃん用の非常食ミルクとは?