光回線の乗り換え時のトラブルとは?

ここのところ、光回線業者が高齢の方が住むお宅を訪問し、強引な勧誘をしたり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線の契約トラブルが増えています。
こういったことを受けて、総務省は契約から八日以内であれば解約できる光回線契約に際し2015年にもクーリングオフ制度を導入する方針を明確にしました。
フレッツwi-fiが繋がらない際は、いったんすべての装置の電源を消して最初から接続し直してみるとできるかもしれません。
それをしても接続できない時には設定をもういちど見直してみます。
カスタマーサービスに問い合わせしてみると分かりやすく教えてくれますが、電話がなかなかつながりにくいのがネックです。
フレッツの速度が遅い原因を考えて、はじめに思い浮かぶのは、ちょっとした時間だけネットワークが混んでいたり、つなぎたいサイトへのアクセスが多かったりといえます。
ですので、一時的に遅いというだけでしたらしばらく間をあければ改善する場合もあります。
プロバイダの金銭的負担が減るといわれて、今のプロバイダに光乗り換えをしたのですが、間違いだったと思っています。
確かに、値段はかなりサイフに優しい価格でした。
でも、頻繁にネット接続の不具合が起こったり、回線速度が落ちてしまったりで、前のプロバイダの方が断然ストレスがなかったのです。
よく考えずにプロバイダ変更してしまったと、悔いています。