ブライダルローン審査に通るコツ

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行費や、新居への引っ越し費用や礼金敷金なども認められています。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明できる書類を提出する必要があることです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

ブライダルローンの必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務先や勤続年数などが記載された勤務証明書の提出が求められる場合もあります。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場や新婚旅行の旅行会社、新居の不動産屋の請求書や見積書も必要となってきます。

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

通常のカードローンよりも金利が低くというメリットがありますが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常カードローンは借りたお金の使途は自由ですが、ブライダルローンは結婚に関連した使途以外には利用は認められません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用、家具や家電の購入代金など色々とお金が入用となってきます。

結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、ブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンとカードローンはキャッシングと言う意味では同じかもしれませんが実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と大きいですがカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

金利は6.0%から13.2%、融資金額は10万円から300万円です。

返済期間は6か月から最長84か月(7年)ですが融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

ブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合も直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

銀行のブライダルローンは学費ローンやリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を結婚に関係する資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングサービスは目的別ローンではありませんのですべては用途が自由なフリーローンになります。

消費者金融のカードローンの金利はだいたい3.0%から18.0%が一般的ですがブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、カードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式にかかる費用は平均して250万円から350万円ですから総量規制を計算すると、750万円から1 050万円の年収が必要になる計算です。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんし一生式が挙げられないんじゃ...と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで融資を受けると貸金業法が適用されますので、総量規制の対象となりますことご留意ください。

ブライダルローンは結婚に関する使途に限定して融資してくれるローンでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますがブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

もし、結婚に関する資金を無利息で・・と考えているのだとしたら無利息期間が用意されているカードローンでの借り入れがおすすめです。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますからご祝儀で完済できる見込みがあれば、実質無利息のブライダルローンということになります。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済できるものであれば、どれだけ金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、いくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますが約250万円から350万円程度のようです。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス20万から30万円多めに見積もってローンを考えておいた方が良いでしょう。

ブライダルローンというローンは結婚に関することでしか使えないという制限がありますが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入することになれば、ほとんどの人が住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があると金利が優遇されたり審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

一般的に住宅ローンの頭金は多いほど良いとされていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからとても一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで借りたお金を、新婚生活のための住宅ローンの頭金を回せば低金利での資金調達が可能となるのです。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など100万円単位の大金が必要になってきます。

お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用などそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンは結婚式に関する多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは返済能力の有無を確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

また、ブライダルローンでは保証人は必須ではないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に通る必要があります。

ブライダルローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンよりも厳しい審査になることは避けられません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴として年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、数社から借り入れしている人は条件は厳しいと言わざるを得ません。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報自体が記録されていないので落とされる可能性はあります。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長ければ長いほど利息の返済がかさみますので可能であれば返済期間を短くし、早めに完済してしまうが支払総額を抑えることができます。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済することをお勧めします。

ご祝儀では賄いきれない場合は返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。

ローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はブライダルローンを利用する前に融資残高の確認が必要です。

ブライダルローンの借入先として消費者金融を考えているという人は総量規制が適用されますから年収の半分を超える借り入れはできません。

事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行であっても無制限に貸してくれるわけではありませんし、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額は500万円と設定されているため、すでに楽天スーパーローンで300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないということになります。

みずほ銀行の場合、最大融資額は300万円となっていますがすでにみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に制限されてしまいますのでご注意ください。

最大融資金額が300万円、最長返済期間が7年というもので多目的ローンを含めたローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内でなければ融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですがさらに低金利である変動金利にすることもできます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人はさらに年0.1%の金利引き下げを受けられます。

申込が可能な人は借り入れ時の年齢が満20歳以上、満66歳未満であること、勤続年数は2年以上は必須で、前年度の税込年収は最低200万円以上必要となります。

参考:http://www.man-find.com/acom/